酵素ダイエットと糖質の関係

酵素ダイエットとは、酵素ドリンクを使用して置き換えダイエットを行ったり、数日間の断食を行ったりするダイエット方法です。

置き換えダイエットは1日1食を酵素ドリンクにし、残りは普通の食事を摂る方法です。
断食は、1日3回酵素ドリンクのみを摂取するもので、1日から数日間行います。

置き換えダイエットを行う場合は、1日に数回は普通の食事をすることになりますが、その食事を糖質制限を意識したものにすることによって、さらに効果が高まります。

酵素ダイエットで痩せる仕組みは、普段は消化に使われてしまっていた酵素を、断食などで節約し体内環境の改善にまわすことで、代謝をあげデトックスが行われ、結果として痩せるというわけです。
置き換えダイエット中に消化に大量の酵素が必要なものを食べてしまうと、ダイエット効果が半減してしまいます。
置き換えを行ったことで満足してしまい普通食に高カロリーなものを食べてしまうのも良くありません。
意識をして糖質制限したメニューのみを食べることで、さらに代謝があがり、相乗効果で短期間で痩せることができます。

酵素ダイエットは正しいやり方でやらないと効果が半減してしまうので、糖質制限食とうまく組み合わせることで、確実な効果を期待することができます。